家族葬に音楽を取り入れるスタイルもある

アーティストが亡くなった場合、お葬式で生前歌われてきた曲を流す等、音楽を利用したお葬式をすることが多いです。最近は芸能界の方もご家族と最後の時間を過ごしたいと、家族葬を希望される方が多いのですが、その後、落ち着いてからお別れの会などで音楽葬を行うこともあります。この形を家族葬に取り入れてもいいでしょう。

故人が生前音楽が好きだった、また誰かの熱狂的なファンだったという時、最後の時間もその音楽に包まれていたいだろうと考えます。ご遺族にとっても、故人が愛した音楽、アーティストは心に残る人、音楽となるはずです。それを家族葬に活かすスタイルです。

通夜式から会場に音楽を流してもいいですし、ピアノの生演奏やご友人がバンドの演奏をしてもいいと思います。家族葬は決まりがないお葬式なので、ご遺族が故人の喜ぶことを行うことが可能です。好きだった音楽を流して故人の思い出の品を飾る、花で覆った棺の周囲で故人が好きだったピアノを演奏する、音楽は人の心を癒やす効果もあるので、ご遺族にとっても慰めになるでしょう。

高齢の方が家族葬に参列する場合、派手な音楽を流すことをよしとしないこともあります。しかしここは、故人とご遺族の意思として、しっかり趣旨を伝えることが大切です。最後のお別れの時間がより良いものとなるように、参列される方皆さんが故人を悼むことができるように、ご遺族ならではの家族雄のスタイルを考えてほしいです。逝去された方もご遺族に心残すことなく、旅立つことができるでしょう。