無宗教という家族葬のスタイル

家族葬はそれぞれの遺族がそれぞれのスタイルで行うお葬式です。その中には無宗教のお葬式もあります。昔はどの家庭にも菩提寺があり、亡くなったら菩提寺の僧侶が読経をあげ、その菩提寺の墓地に埋葬されていました。しかし昨今においては、無宗教で菩提寺を持たない方々も多くなっています。

お葬式の中でかかる費用としては、お葬式本体の費用、飲食にかかる費用、さらにお寺にお布施として支払う費用がありますが、無宗教葬とすることでこの費用をかけずに済むのです。お寺がない場合、葬儀社に言えば僧侶の手配などもしてくれることがありますが、読経、お焼香などを行わず、宗教的な儀礼なしで行うお葬式も多くなっています。例えば献花を行ったり、また故人が趣味としていたことを強く感じさせるお葬式にすることも可能です。

亡くなった方の中には、こうしたお葬式を行ってほしいとお葬式のスタイルを遺言で残されている事もあります。音楽を使ったお葬式にしてほしいとか、読経などなしで故人を囲み飲食して思い出話をしてほしい等、家族葬のスタイルに関する故人の要望は様々です。こうした願いを叶えるために無宗教の家族葬にするというご遺族も多いです。

家族葬のスタイルはそれぞれのご遺族、また故人が決めることですが、そのスタイルを決めかねている場合、葬儀社に相談してみるといいでしょう。家族葬自体多くなっているので、各葬儀社共経験が多くなっています。どのようなスタイルにしようかと迷ったときには、葬儀社に相談し、納得のいく家族葬となるように葬儀社とご遺族で作り上げていけばいいと思います。