通夜式を行わない家族葬のスタイル

大切な家族がお亡くなりになるということは、ご遺族にとって精神的な負担が大きいのですが、心が落ち着く間もなく通夜式の準備に執りかからなくてはなりません。ご高齢の方が天寿を全うされてお亡くなりになっても、お子さんが若くしてご病気で亡くなられても、その悲しみは深いものです。悲しみの中で通夜式の用意をし、親類を呼ぶ手配を急ぎ済ませるというのは本当に大きな負担になります。

家族葬は自由なお葬式です。こういう形で行うという決まりはないので、ご遺族が納得した形で行うのが一番と考えます。そのため、通夜式を行わず、告別式のみ、ゆったり行うというスタイルを選択する事もあるのです。これは一日葬と呼ばれるお葬式になりますが、家族葬の一種です。通夜式を行わないことで費用を抑えることができ、またご遺族は体力的な負担を軽減することができます。

こうした一日葬という家族葬のスタイルを選択される理由の一つには、喪主が高齢であるという理由もあるようです。喪主が高齢で通夜式と告別式を行う体力的な余裕がない、また金銭席な余裕がないという場合にも選ばれています。また、ご親戚が皆さん遠方という場合にもこうしたスタイルが選ばれることが多くあります。

通夜式を行わず、告別式をゆったり行うため精神的にも体力的にも余裕ができます。1日でお葬式が終了するので、参列する方にも負担が少ない方法です。ただこうした家族葬のスタイルを選択される場合には、親戚の方などにもよく理解いただく必要があります。通常のお葬式のスタイルを望む年配の方もいると思いますので、よく理解してもらえるようにお話しする事も必要です。